naebono TALK 『アート・アドバイザー 塩原将志に訊く!!アーティスト、ギャラリー、コレクターのリアルな場』

タグチコレクション 球体のパレット 関連企画
なえぼのトーク
「アート・アドバイザー 塩原将志に訊く!!アーティスト、ギャラリー、コレクターのリアルな場」
日時
11月15日(金) 19時~
会場
なえぼのアートスタジオ1階フリースペース
入場無料

ゲスト:塩原将志(アート・オフィス・シオバラ 代表取締役 、日動コンテンポラリーアート顧問)
聞き手:山本雄基(画家、なえぼのアートスタジオ運営メンバー)

イベントについて:
11月19日から、札幌芸術の森で開催される「タグチ・アートコレクション 球体のパレット」に先駆けて、
長年タグチ・アートコレクションのアドバイザーを務めている、塩原将志さんをお迎えした特別トークイベントを行います。
塩原さんは、一年を通して世界各地で開催されるアートフェア、国際展に出向き、美術館、ギャラリー、個人コレクション、アーティストスタジオを訪れています。
関係者から情報収集をして、作品を見て、時にはそのアーティストに会いに出かけ、ギャラリストと取引の交渉しながら、田口さんと共にコレクションの根幹を作るという、大きなポジションを任されています。
そもそもアートアドバイザーとは?という話から、
塩原さんが今までに体験してきた、
アーティストとの直接的なコミュニケーションの中で感じたこととは?ギャラリーとの交渉エピソードとは?コレクターとアドバイザーの共闘とは?
など、できるだけ具体的でリアリティのある内容を突っ込んで聞いてみたいと思います。
アーティスト、ギャラリスト、コレクター、アーティスト志望の学生まで、必聴です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参考:
タグチ・アートコレクション
https://taguchiartcollection.jp

『タグチ・アートコレクション 球体のパレット』 札幌芸術の森美術館
会期2019年 11月 19日(火)~ 2020年 1月 13日(月祝)
時間午前9時45分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場札幌芸術の森美術館

観覧料一般900(720)円、高校・大学生600(480)円、小・中学生400(320)円 ※( )内は前売または20名以上の団体料金 ※再入場割引:使用済みチケット半券をご持参いただくと、当日料金の半額でご入館いただけます。休館日月曜(ただし、1月13日は開館)、年末年始(12月29日〜1月3日)主催札幌芸術の森美術館(札幌市芸術文化財団)
協力企画協力:(株)タグチプロジェクツ、アート・オフィス・シオバラ
https://artpark.or.jp/tenrankai-event/globe_as_a_palette/

アート・オフィス・シオバラ
http://artshiobara.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トーク後半はタグチアートコレクションの田口美和さんもトークに参加!
美術作品を買う側の視点から見た美術の世界の具体例は、示唆に富んでいました。
近日中に、トーク内容の一部を抜粋してtextページに公開予定です。お楽しみに!

イベント風景: